こころのケアを。

病気の検査方法

カルテを眺める

自分がうつ病かもしれないと思ったら、まずは病院で受診することが大切です。病院で検査をすることで、原因を見つけることができ、治せる可能性があるからです。セルフチェックをすることも大切です。

» 詳細を確認する

うつ病の種類

人差し指をたてる

うつ病と一言で言っても、様々な種類があります。検査をすることで、どのような種類のうつ病なのか知ることができます。抑うつ、大うつ病、軽症うつ病、中等症うつ病など様々あります。

» 詳細を確認する

薬物療法と休むこと

医者

病院で検査、治療をすることで、うつ病を治すことができます。うつ病の治療法は主に2つです。薬物療法と休むことです。治療したからといってすぐに完治するものでは無いので、長いスパンの治療を考えることが大切です。

» 詳細を確認する

うつ病の症状

考えこむ看護士

うつ病の診察料が割り引かれるのは検査が終ってから

うつ病という病気の存在を知っている人は多いですが、その病気はどういう症状があるのか、なぜうつ病になるのか、ということを知っている人は少ないです。うつ病の症状とは、やる気が出なくなったり、何事にも興味が無くなったりすることです。主な症状は、心に関係することです。心の症状が多いうつ病なのですが、体に症状が出ることもよくあることです。不眠症や食欲低下などが、うつ病の前兆として起こるのです。不眠症や食欲低下などが起こって、さらに体調が悪くなり、疲れてしまい、精神的にも症状が出るのです。

鬱を擬態する患者の存在

うつ病とよく比較されるのが、自律神経症です。自律神経失調症が更に悪くなったのが、うつ病です。自律神経失調症とは、やる気があるけど、体がやる気とは違って動かない状態のことを言います。うつ病の場合は、やる気自体が無いですし、体も疲れているのです。不眠症、眠りが浅い、2週間以上疲労感がある、めまい、耳鳴り、眠りが浅い、などは、自律神経失調症の症状として当てはまります。

ストレス社会と言われている今の時代だからこそ、うつ病や自律神経失調症になる人がいると思われていますが、実は昔からある病気です。また、基本的に誰でもなりうる病気ですから、注意が必要です。特に女性はうつ病になりやすく、4人に1人〜10人に1人は、生きている内に1回はかかります。ストレスを感じやすい人は、1回だけではなく、複数回うつ病を繰り返すこともあるのです。20代前後になる人もいれば、50代前後や高齢期になることもあります。

うつ病と診断されれば治療費の自己負担率が通常の健康保険での割引からさらに三分の一まで割り引くことが可能となります。 ただしそれは確実にうつ病だと判明した後、つまり診察を受けてその検査の結果が出たあとの事なのです。 つまり最初の診察料は通常の健康保険適用のみの費用を負担しなければなりません。 うつ病の検査の結果が出た後から、診察や治療の自己負担が一割まで引き下がられることとなります。 これには、鬱かもしれないとされる自己申告者の中に少なからず擬態うつ病という思い込みのケースが存在するからなのです。 ただし、擬態うつ病だからと単なる仮病というわけではなく、自分が鬱だと思い込んでいるだけであり、本物のうつ病とは別のアプローチでケアをしなければならない患者であることは間違いありません。

なぜ鬱を擬態する人が増えた化というと、それだけうつ病という病名が有名になったことが原因の1つとして挙げられます。 有名になったことで、鬱状態となればそれがうつ病の証明だと思う人が多くなってきています。 しかし実際には鬱状態を症状とする精神疾患は他にいくつも存在しているのです。 また、一時的な気分の落ち込みを過剰にとらえて鬱状態だと思い込むケースもあります。 そうした擬態うつと本物の鬱状態を見極めることために検査が必要なのです。 チェックシートなど簡単な検査だけでは鬱の擬態を見極めることは難しく、時間をかけて丁寧なカウンセリングを行なう事で本物のうつ病を見極めることになるでしょう。 検査に手間がかかるのも、うつ病を取り巻く状況がそれだけ複雑になっていることを表しているのです。